2019-01-28

立春大吉御膳のご案内

2月2日(土)、3日(日)、4日(月)の三日間、
健やかな春の始まりを迎え、新年を寿ぐ
「立春大吉御膳」をご用意いたします。

二十四節気のひとつである「立春」は、
暦のうえで寒さが明け、春が始まる日。
旧暦では「一年の始まりは立春から」と考えられていました。

節分は、寒の土用を終えて立春を迎える大切な節分けの日。
いわば大晦日にあたるでしょうか。
近年スポットライトが当たっているのは恵方巻ですが、
いわし(かえり)、鯨(くじらとうふ)、蒟蒻など、
節分と立春の日に古くから食べられてきた食材で
いまの時期にからだとこころを調えてくれるお献立を組みました。

この冷え込みや土用で調子を崩されているかたも
いらっしゃるかと思います。
新たな始まりへ向けての滋養を補うお食事として、
ご活用いただければうれしいです。
皆さまのご予約を、心よりお待ちしております。

「立春大吉御膳」 3,024円(税込)

〇大福茶

〇お多福豆
〇かえりとナッツの蜜絡め
〇立春大吉蒸し豆富 桜塩を添えて

〇雪手亡と林檎のサラダ
〇万次郎かぼちゃと雛豆のサラダ
〇金時人参の鬼金棒
〇法連草の五色白和え
〇青菜の柚子浸し
〇根菜の雪花菜煮
〇バタ練り蒟蒻のお煮しめ
〇梅とひじきの塩きんぴら
〇くじらとうふ ふきのとう味噌
〇揚げ蕎麦掻きのあんかけ
〇炒り豆ごはん

〇けんちん汁(お豆富の白味噌汁)

〇厄除け白玉ぜんざい(椿餅)
〇食後のお飲みもの

※ 4日(月)立春は朝生菓子として、
早朝より椿餅を仕込みます。
お食後の厄除け白玉ぜんざいが椿餅に、
けんちん汁はお豆富の白味噌汁へ変更となります。
また、当日の仕入れにより内容が若干異なる場合がございますが、
どうぞご了承ください。

関連記事